2009年10月02日

ポニョの舞台・鞆の浦 工事差し止め判決 景観保護優先

http://www.asahi.com/national/update/1001/OSK200910010026.html

ちょうどタイムリーなことに、9月の5連休に、尾道と鞆の浦(とものうら)に行って来たところでした。鞆の浦へは、土日祝日のみ運行している船で。ポニョ効果なのか、結構観光客も多かったですよ。

判決に関しては、まだ地裁判決だけど、やや一安心というところ。わたしも、一応、埋め立て反対に署名してきました。でも、地元の人の利便性とか、いろんな思惑はあるところだろうし。ちょうど港の目立つところにも「生活権優先」と大きい看板があり、これは埋め立て推進派の人なんだろうな、と思ったりして。難しいことはあると思うけど、是非、やはり、景観は守ってほしいな… と思うのでした。

鞆の浦のシンボル的な、常夜灯。

DSCF2319.jpg

旧魚屋萬蔵宅。坂本龍馬が紀州藩と
いろは丸の沈没事件について賠償交渉を行ったそうです。今は「御船宿いろは」として営業しているらしい。

DSCF2307.jpg

有名な、対潮楼からの眺め。

DSCF2295.jpg

港の船と雁木。

DSCF2282.jpg

常夜灯のすぐちかくにある鞆の浦cafe。幕末の建物を改築したカフェレストランだそう。

DSCF2280.jpg

そのほかいろいろ…(笑

DSCF2269.jpgDSCF2263.jpgDSCF2287.jpgDSCF2303.jpgDSCF2314.jpg

ラベル:広島
posted by ずぼらでgo! at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 景観地区ほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もこの判決にはほっとしました。
子供の頃福山市内に住んでいたことがあり、
鞆の浦にも行ったことがったので、
より身近なニュースでした。

壊すのは簡単ですが、
失われた歴史は取り戻せません。
Posted by JOKER at 2009年10月07日 23:29
福山に住んでいらしたのですか。鞆の浦観光のあとは、バスで福山に出ましたよ。

>壊すのは簡単ですが、
>失われた歴史は取り戻せません。

本当におっしゃる通りだと思います。
Posted by ずぼらでgo! at 2009年10月09日 09:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。